ここから本文です

【世界のEVメーカーをめざして】ジャガー・ランドローバー 新EV生産工場へ、1300億円投資 2021年稼働開始か 英国

3/25(水) 17:50配信

AUTOCAR JAPAN

EV専用生産拠点設立へ

text:Hilton Holloway(ヒルトン・ホロウェイ)

ジャガー・ランドローバーは、歴史ある英キャッスル・ブロムウィッチ工場を、EV専用生産拠点へと改築し、世界有数の電気自動車メーカーの1つとしての、地位を確立しようとしている。

【写真】ジャガーIペイス、Eペイス、Fペイス【比べる】 (48枚)

情報筋によると、2021年末までに、3つの新しい電動モデルが生産され、ジャガーIペイスと並び販売される予定となっている。

キャッスル・ブロムウィッチ工場と、JLRのソリハルにある工場へは、10億ポンド(1310億円)もの投資がされる予定となっており、両工場は新しいMLAプラットフォーム導入に備え、大幅に改造される予定となっている。

ジャガーの新しい電動モデル

昨年のジャガー売り上げは、2018年比10%減の16万1601台で終えていたものの、ジャガーの2つの新しいフラッグシップモデルが大幅な伸びを見せている。

JLRは、高級サルーンのジャガーXJの後継が、電動モデルとなることを明らかにしている。

また、キャッスル・ブロムウィッチ工場では、さらに2つのクロスオーバーモデルの生産が予定されている。

ランドローバーの新しい「ロードローバー」と、新型フラッグシップとなるジャガーJペイス・も純粋なEVとして生産される。

3つの新しいモデルはすべて、MLAプラットフォームをベースとしており、電動バッテリー、プラグインハイブリッド、および従来の内燃エンジンの3種類のドライブトレインで提供される。

内部関係者は、Iペイスは、独自のプラットフォームを使用し、オーストリアで製造する方式が継続され「通常の長さのモデルライフ」を持つと語る。

MLAプラットフォームは、次世代のレンジローバーとレンジローバー・スポーツ、およびディスカバリー6にも採用される。

ますます厳しくなるCO2排出規制に対応するため、これらのモデルのほとんどはプラグインハイブリッドとしての販売が予想される。

また、新しいXJは、今年の終わり頃に発表され、2021年春にキャッスル・ブロムウィッチで生産開始となると予想されている。

1/2ページ

最終更新:3/25(水) 17:50
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事