ここから本文です

新型コロナ相談充実 石川県商工会連が臨時総会

3/25(水) 1:26配信

北國新聞社

 石川県商工会連合会の臨時総会は24日、金沢市の県地場産業振興センターで開かれ、新型コロナウイルスの影響を受けている企業の相談充実など新年度事業計画を決めた。田上好道会長はあいさつで「製造業、非製造業ともに大きなダメージを受けている。各商工会と連携し、中小企業の発展に向けて取り組む」と強調した。

 事業計画には、商工会法施行60周年記念事業の実施や、経営指導員を対象にした事業継続計画(BCP)策定研修会の開催、若手・女性経営者活動支援補助金の活用などを盛り込んだ。

 谷本正憲知事が祝辞で、県制度融資の活用を呼び掛けた。

 同連合会は27日から、雇用調整助成金の個別相談会を各地の商工会で開く。新型コロナウイルスの影響を受けている事業主を対象とする。相談は事前予約制で、開催日前日までに申し込みが必要。4月にも相談会を開催する。

北國新聞社

最終更新:3/25(水) 1:26
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事