ここから本文です

濃厚接触者の親族は「陰性」 『新型コロナ』松本市の70代男性 県「感染経路を推定できない...」 

3/26(木) 12:05配信

NBS長野放送

 「新型コロナウイルス」に新たに感染した松本市の男性について、長野県はきのう25日夜、「濃厚接触者」とみられる親族が、検査で「陰性」だったと発表しました。

 今月24日、感染が確認されたのは、松本市の70代の男性です。県内では5人目の感染者となります。今月9日に発熱などの症状があり、自宅療養していましたが、19日に保健所に相談。23日に医療機関を受診し、PCR検査でおととい「陽性」と判明しました。

 男性は1人暮らしで9日に症状が出て以降は外出しておらず、この間に濃厚接触した親族1人は、きのう検査で「陰性」とわかりました。

 一方、男性は「発症前の2週間は松本市内から出ていない」と話していて、県は、「これまでの4人と異なり感染経路が推定できない」とし、引き続き、男性の「行動歴」を調べています。

長野放送

最終更新:3/26(木) 15:59
NBS長野放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事