ここから本文です

無人チェックイン導入 鎌倉に小型ホテル開業 小田急

3/26(木) 5:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 小田急電鉄(東京都)は26日、神奈川県鎌倉市雪ノ下の鶴岡八幡宮近くに小型の無人ホテルを開業する。市内では初という無人チェックインサービスを導入し、従業員が常駐しない効率的な運営と、フロント機能の削減によるスペースの有効活用を実現した。

 「源(GEN)ホテル鎌倉」は、若宮大路に面した3階建て建物の2、3階に入る。チェックインはモニター画面でやりとりし、交付されたパスワードで専用ボックス内の鍵を受け取る。清掃スタッフ以外は省人化を図り、トラブル発生時は警備会社が対処する。

 約15~49平方メートルの全15室を設けた。部屋は3タイプあり、最大6人が宿泊できる。小田急が物件所有者から借り受けて和風な雰囲気に仕上げた。運営は転貸先のベンチャー企業が担う。当初の価格は1部屋当たり1万7千~5万円程度とする。

 小田急の担当者は「鎌倉は日帰り観光のイメージが強いが、日中とは異なる朝晩の趣も堪能してほしい」と話している。

神奈川新聞社

最終更新:3/26(木) 5:00
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事