ここから本文です

今年のF1は11戦を開催できれば「幸運」だと元F1ドライバー

3/26(木) 20:48配信

TopNews

2020年のF1は11レースも開催できれば“幸運”だと言えるだろう。

そう語ったのはスイス出身の元F1ドライバーであるマルク・スレールだ。

新型コロナウイルスcovid-19の世界的大流行に伴い、今季のF1はすでに開幕から8レースが延期もしくは中止となっており、実際のところいつレースが開催できるのかまったく予断を許さない状態が続いている。

F1モータースポーツ担当マネジングディレクターのロス・ブラウンは少し前に17戦か18戦を開催していと発言していたが、F1最高責任者のチェイス・キャリーは最近15から18レースになるだろうと語り、現実的には15戦の開催を目指している状況であると示唆している。

こうした状況のもと、ドイツの『Speed Week(スピードウィーク)』はスレールが次のように語ったと報じている。

「22戦が計画されていた。だが、2020年が終わるまでに11レースを開催できるなら我々は幸運だと言えるだろう」

「そうなれば世界選手権として公式に認定することができるからね。レギュレーションによれば最低8レースが必要だということになっているんだ」

そう語ったスレールは次のように付け加えている。

「キャリーがどうやって15から18レースを行う計画をしているのか、私には理解できないよ」

最終更新:3/26(木) 20:48
TopNews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事