ここから本文です

志村けん 新型コロナ陽性で入院…芸能界も感染拡大危機!?国内芸能人初

3/26(木) 5:59配信

デイリースポーツ

 お笑いタレントの志村けん(70)が新型コロナウイルスに感染し、都内の病院に入院していることが25日、分かった。所属事務所が発表した。今月中旬に米俳優のトム・ハンクス(63)が新型コロナ感染を公表したが、国内での芸能人の感染者は初めて。また、同日に行われたNHKの総局長会見では、志村が次期連続テレビ小説「エール」に出演し、すでに収録に参加していることが公表され、芸能界にも感染拡大の危機が忍び寄っている可能性が浮上した。

【写真】ドリフの“体操担当” 27歳下の妻とのラブラブ2ショット

 世界各地で猛威をふるう新型コロナウイルス。爆発的に感染者が急増する今、日本芸能界に脅威が直撃した。

 志村は3月17日に倦怠(けんたい)感で自宅療養。19日に発熱と呼吸困難に見舞われ、20日に都内の病院に搬送された。重度の肺炎と診断され、都内の病院に入院。新型コロナウイルス感染の疑いがあるとして検査した結果、23日夜に陽性と判明した。

 24日に保健所による調査が実施され、発症日と濃厚接触者の特定が完了。対象者は自宅待機しており、志村は現在も病院で闘病中。TBSは、人工心肺装置を装着するために24日に別の病院に転院したと報道。一時、気管挿管を伴う重症だったという。

 芸能界を代表する大御所の志村だけに、業界全体に与える影響も甚大。発症後には番組収録等には参加していないが、現状では感染経路も不明な状況であり、業界内での感染拡大や集団感染にもつながりかねないという危ぐも持たれている。

 放送各局は対応に追われた。NHKは、30日スタートの連続テレビ小説「エール」に志村が出演することと、6日の収録に志村が参加したことを公表。関係者によると、この日、同局では緊急会議が開かれ、今後の対応が話し合われたという。

 レギュラー番組は、日本テレビ系「天才!志村どうぶつ園」を5日に収録。フジテレビ系「志村でナイト」は発症前日の16日に収録予定だったが、別事情で収録が行われず、30分ほどでスタジオを離れたという。今月分は既に収録済みで4月の放送は未定。

 テレビ朝日では、25日放送の「あいつ今何してる?」の収録が10日に行われた。発症日以前に収録が行われたことから各局は、濃厚接触者にはあたらないと判断している。

 12月公開予定の主演映画「キネマの神様」には4月上旬からクランクイン予定だった。撮影は今月上旬から始まっており、配給の松竹は、撮影スケジュールやクランクイン時期などを含めて対応を協議中としている。

 高齢者は重症化するリスクが高いとされる新型コロナウイルス。志村は16年8月にも肺炎で入院し、今年1月には、ポリープ切除の内視鏡手術で入院しており、体調が心配される。

最終更新:3/26(木) 9:32
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事