ここから本文です

キャリアを左右する重傷から1年、ユスフ・ヌルキッチがケガを回想「這い上がれるかどうかが大事」

3/26(木) 17:05配信

バスケット・カウント

完全復活宣言「100%の状態に回復した」

写真=Getty Images


トレイルブレイザーズのユスフ・ヌルキッチは、昨年の3月25日に行われたネッツ戦で、左足の開放骨折という重傷を負った。目を覆いたくなるアクシデント発生から1年が経ち、ヌルキッチはInstagramに周囲への感謝を綴った。

ケガ直後の画像や、ベッドでファンからの寄せ書きを読む姿、そしてリハビリの動画など、この1年の歩みを投稿したヌルキッチは、次のメッセージを添えた。

「感動している。あのケガから1年が経ったなんて信じられない。どんなに酷く倒れようと関係ない。どれだけ高く再び飛べるか、這い上がれるかどうかが大事なんだ」

「僕は人生を通じて難局を乗り越える術を学んだ。皆それぞれに運命は異なる。神様がどういうプランを立てているか分からなくても、彼を信じることが大事。改めて、みんなに御礼を言いたい。1年前、みんなは特別なものを僕に与えてくれた。本当にうれしかった」

「おかげさまで100%の状態に回復したよ。またバスケットボールがプレーできる日が待ちきれない。それまではみんなもどうか安全に、健康に過ごしてほしい」

ヌルキッチは、3月15日にホームで行われるロケッツ戦で復帰予定だったが、新型コロナウイルスの世界的流行によりシーズン中断となり、復帰はリーグ再開までお預けとなった。

現段階でリーグから正式な発表はないものの、東京オリンピックの開催が延期されたことで、6月に再開、NBAファイナルを8月に実施する方向で調整していると見られている。

ケガをした直後は復帰できるかも定かではなかったヌルキッチは、一歩ずつ地道にリハビリを続け、再び世界最高峰のコートに立てるまでに回復した。リーグ再開後には、またデイミアン・リラード、CJ・マッカラムらと共に暴れ回り、プレーでファンに恩返ししてほしい。

バスケット・カウント

最終更新:3/26(木) 17:05
バスケット・カウント

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事