ここから本文です

米の食感がアクセント 「ずんだ甘酒」開発

3/26(木) 10:23配信

福島民報

 白河市東の山口こうじ店は、福島県産の米と大豆を使った「ずんだ甘酒」を開発した。二十八日から、同店や県南地方の直売所、道の駅などで販売する。

 青大豆を同店で絞って豆乳を作り、甘酒と合わせた。大粒の米の食感がアクセントになり、米本来の甘みを存分に感じられる。無添加、ノンアルコールで子どもも楽しめる。価格は百四十ミリリットル入りで三百円(税込み)。

 営業部長の山口和真さんは「こうじ屋の技術を最大限に生かした一品。自然な味わいとまろやかさで心と体を癒やして」と甘い笑顔で勧めている。

最終更新:3/26(木) 10:23
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事