ここから本文です

【タイ】非常事態宣言、外出禁止せず きょう発令、移動自粛も店は営業

3/26(木) 11:31配信

NNA

 タイ全土できょう26日から4月30日まで、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための非常事態宣言が発令される。タイ政府によると、人が多く集まり感染リスクが高い場所の閉鎖や一部を除く外国人の入国を禁止するほか、高齢者や子どもの外出や県をまたぐ移動の自粛などを要請する。ただ、一律の外出禁止はせず、日常生活に必要なスーパーマーケットや銀行、工場の営業は認める。プラユット首相は、感染拡大を防ぐための方策だけを講じるとしているが、状況次第では対策が強化される見通し。

 プラユット首相は25日の演説で、非常事態宣言について、1カ月間としていた適用期間を4月30日までと発表した。その上で、県をまたぐ移動を控えるよう協力を求めるなどしたほか、食品や生活必需品を販売する店は閉鎖しないと明言した。

 ウィサヌ副首相の説明などによると、最初の段階では原則として外国人の入国を禁止する。ただし、外交官や航空機の操縦士、労働許可証と新型コロナウイルスの陰性を示す健康証明書を持つ人などは入国が認められるもよう。その上でウィサヌ氏は「(最初の段階は)国のロックダウン(封鎖)ではない。空港も開いている」と述べた。外国人の出国規制については言及していないが、タイに滞在する場合は査証(ビザ)の確認や発給はより厳格化される見通しだ。

 国内での活動については、ウィサヌ氏は一律の外出規制はしないと述べた。スポーツ競技場やナイトクラブ、観光地など人が集まる場所へ行くことは禁止する。スーパーマーケットや持ち帰り用の飲食店、銀行の営業は認めるほか、生活に必要な工場の稼働も許可する。既にバンコク首都圏をはじめ全国的に各県知事の要請でこれらの対策は講じられている。ただし、ウィサヌ氏は状況が悪化した場合に外出制限を実施する可能性を示唆した。

 また◇70歳以上の人◇持病を持つ人◇5歳未満の子ども――については、外出を控えるよう要請する。県をまたぐ移動についても自粛すべきとしている。

 政府としては、国民の感染防止策を講じ、野外病院の設置、医療従事者や医療機器の拡充、一時的な隔離施設としてのホテルの借り上げなどをする。

 非常事態宣言の適用期間は最長3カ月間だが、4月30日以降延長する場合は内閣の承認が必要となる。同宣言は「仏暦2548年(2005年)の非常事態における統治に関する勅令」に基づいて発令されることになる。同勅令の条文上は、外出制限や集会の禁止、混乱を招く情報の流布の禁止、道路や車両の使用の禁止を命じることができるようになる。

 ■感染リスクの23カ所、保健省が公表

 タイ保健省疾病管理局(DDC)は24日、新型コロナウイルス感染の可能性が高かった場所23カ所、その期間を公表した。23カ所をその期間に訪れていた場合、当局に連絡するように呼び掛けている。ネーションが24日報じた。

 23カ所のうち、バンコクは4カ所で、◇深夜レストランと娯楽施設(期間3月9~10日)◇ラチャダムヌン・ボクシング・スタジアム(3月6~8日)◇ルンピニ・ボクシング・スタジアム(3月6~8日)◇ラチャティワート寺の授戒会(3月14日)──。

 バンコク北郊ノンタブリ県も4カ所で、◇ラチャマンガラ工科大学スワンナプーム校(3月13日)◇ザ・モール百貨店─フューチャーパーク・ランシットを運行する乗合バン(3月8~20日)◇同県プラチャーチューンからラチャダムヌンに至る公共バス(3月8~14日)◇ノンタブリ・ボクシング・スタジアム(3月8日午後6時~8時)──。

 東北部ナコンラチャシマ県は2カ所で、◇クットチック行政村(タンボン)のボクシング会場(3月8日午前0時~午後8時)◇ノンタイ郡の闘鶏場(3月8日午前11時~午後8時)──。

 同コンケン県は4カ所で、◇タワンデーン(3月8日午前0~2時半、同月15日午前0時59分~16日午前2時)◇ノンパイロム市場(3月16日午後5時)◇ソートジェーン・ムーガタ・チル(3月12日午後9時)◇ミトラパープ・タバーン(3月7日午前0~3時半)──。

 同ウボンラチャタニ県は5カ所で、◇チョムチャン・レストラン(3月14日)◇Uバー(3月13~14日)◇リッコ(3月12日)◇ミックスクラブ(3月9日)◇タワンデーン(3月9日)──。

 同スリン県は2カ所で、◇ラムドゥアン郡の葬儀会場(3月16日午後7~11時)◇カプチュン郡のチョンチョム市場(3月15日午後1~2時)──。

 南部ソンクラー県は2カ所で、◇ハジャイ郡のチラナコン・スタジアム(3月14~15日のそれぞれ午後4~7時)◇ハジャイ国際空港から市内に向かう路線番号4のミニバス(3月13日午前10時)──。

 ■6万3千カ所の施設閉鎖

 25日付クルンテープ・トゥラキットによると、内務省はこれまでに新型コロナウイルスへの感染リスクの高い場所としてスポーツ施設や飲食店など6万3,000カ所以上を閉鎖した。閉鎖した施設の内訳は、◇サービス関連施設7,028カ所◇スポーツスタジアム、ボクシング場、ジムなど6,315カ所◇美容サロンなど6,817カ所◇映画館・遊園地など2,565カ所◇市場1万1,455カ所◇教育機関9,667カ所◇デパートや展示場292カ所◇飲食店(店内飲食専門店)1万8,975カ所――としている。

最終更新:3/26(木) 11:31
NNA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事