ここから本文です

カメラが捉えた! “罪に問えない飲酒運転” 現役運転手「みんな分かって飲んでいる」 福岡県

3/26(木) 20:00配信

TNCテレビ西日本

テレビ西日本

「飲酒運転なのにその罪に問えない事故」。

罪に問えない大きな理由は「公道上ではないから」というものなんですが、それをいいことに運送業界で飲酒運転がやまない実態を捉えた映像を入手しました。

夕暮れ時にトラックを止めて休憩する運転手。

すると…

「あ、飲んだ!」

運転手が飲んだのは『缶ビール』のように見えます。

夜には別のトラックでも…

飲食を済ませトラックから降りた男女を追うと、ゴミ箱に複数のアルコールの缶が捨てられていました。

【撮影者】
「顔は間違いなく飲んでいる顔。トイレに行ったらちょうど男性と鉢合わせになって、顔は赤く目を見るとやっぱり結構飲んでおられるなと」

映像が撮影されたのは、小倉ゆきのフェリーが出る愛媛県の松山港。

私有地にあたるため、ここで酒を飲んで運転しても道路交通法上の飲酒運転には問われない可能性があるといいます。

TNCの取材に応じた別のトラック運転手も…。

【現役トラック運転手】
「何であなたたちは飲んでいるのと聞けば、(私有地で)『道路交通法が適用できんとよここは』と。みんな分かっていて飲んでいる」

道路交通法が適用されない飲酒運転をめぐっては、2019年1月、福岡市東区の貨物船の中で、飲酒運転のトレーラーにはさまれ誘導員の男性が死亡する事故が起きました。

映像にあったトラック運転手が勤務する県内の運送会社は、TNCの取材に対し、「映像を見る限り飲酒運転の可能性が高い」とした上で、「本人に事実関係を確認し厳正に対処したい」と話しています。

テレビ西日本

最終更新:3/26(木) 20:00
TNCテレビ西日本

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ