ここから本文です

【フィリピン】外国人労働許可証、期限切れでも罰金免除

3/26(木) 11:31配信

NNA

 フィリピン労働雇用省のマニラ首都圏支部は、外国人労働許可証(AEP)を期限内に更新しなかった外国人への罰金を一時的に免除することを決めた。新型コロナウイルス感染拡大の防止策としてルソン島全域で人の移動が制限され、更新手続きができないことを受けた措置。25日付ビジネスミラーが伝えた。

 同支部は、4月13日まで業務を停止しており、AEPの更新手続きに応じることができない。このため、関連ルールを緩和し、期限が切れたAEPの保持者に罰金を科さないことを決めた。

最終更新:3/27(金) 16:15
NNA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ