ここから本文です

外出できないなら、オンラインゲームしよう!はじめての人でも楽しめる遊び方ガイド

3/26(木) 19:00配信

ギズモード・ジャパン

実は(元々ちょっと苦手だった)私も、ハマっちゃってます。

ゲームって不思議なもんで、「ないと生きていけない」派と「ぜんぜんわかんない」派にわかれちゃうんですよね。でも今年はイベントは中止になり、外出も自粛。どうせひきこもるなら、友達とか、どっかの誰かとつながってゲームやるのもいいかもですよ。貴重な社会との接点になりますし。

【全画像をみる】外出できないなら、オンラインゲームしよう!はじめての人でも楽しめる遊び方ガイド

…というわけで、「やってみたいけど、よくわかんない」と二の足を踏んでいるあなたのために、「オンラインゲームのはじめ方ガイド」をご披露いたしましょう!

準備するもの

家にいながら誰かと一緒にゲームを楽しむには、オンラインやマルチプレイのゲームが必要ですね。今は大手ゲーム会社のほとんどがオンラインサービスを提供しています。店頭で販売しているゲームソフトでも、たとえばPlayStation 4やXbox Oneなら「月額制のサブスクリプション契約をすれば、オンラインマルチプレイもできる」というオプションがついているものがほとんどです。

PlayStation Plusと Xbox Live Goldはいずれも月額850円程度ですが、3カ月とか12カ月契約して前払いすれば少し割引になります。オンラインゲームへのアクセス以外に、毎月無料ゲームが配信されるといった特典もついてます。

Nintendo Switchなら、文字どおりNintendo Switch Onlineへの登録が必要で、1カ月306円、3カ月プランなら815円、1年で2400円です(執筆時)になっています。 とはいえ、ネット接続さえできれば、月額契約なしで無料プレイできるオンラインゲームもあるので、まずはそちらからトライしてみるのもいいかと思います。

Windows PCなら、基本的にオンラインプレイするのに料金はかかりません(個々のゲームタイトルで別途登録料などが必要な場合もあります)。なので、コンソールではなく、PCでゲームを楽しむのもありでしょう。ただ、どちらも長所と短所があるので、あとはお好みに応じて選んでください。

1人でゲームをプレイするのではなく、オンラインで対戦相手と勝負したり、友達と一緒に遊びたいなら、インターネットの接続環境も重要になります。通信速度は最低でも、ダウンロードで3Mbps、アップロードで1Mbpsは必要になります。ただ、フレームレートと解像度もある程度確保したいとなると、もう速ければ速いほど良い、って感じですね。

さらに重要なのは、いかにレイテンシー(つまりはタイムラグ)をなくすか、という意味でPING値も大事です。PING値は、ボタンを押してからそれがゲーム側に届くまでの時間のこと。これが、ゲーム内での生と死をわけることに。「防御ボタン押したのに、反応遅くて間に合わなかった!」とならないためには、PING値10ms(ミリ秒)以上は必須。インターネット上では速度テストのサイトもあるので、是非試してみてください。

処理速度をあげてレイテンシーを短縮するために、本格的なゲーマーはゲーム専用のルーターに投資したり、コンソールやPCをイーサネットケーブルで接続したり(編注:無線ではなく有線での接続のほうが快適にプレイできるため。可能な限り有線接続でプレイするのがおすすめです)、と頑張っています。ただ、これからオンラインゲームを始めるという方は、とりあえず現状のままの設定で問題ないと思います。

1/3ページ

最終更新:3/26(木) 19:00
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事