ここから本文です

広瀬すず、視聴者も「引いた」アリスとのケンカ話だけど... 「姉妹とはそういうもの」

3/26(木) 20:50配信

J-CASTニュース

 女優の広瀬すずさんが2020年3月25日、テレビ番組「TOKIOカケル」(フジテレビ系)に出演し、姉・広瀬アリスとの喧嘩について語っている。

■親にたしなめられる程の口ゲンカ

 番組冒頭で披露された街頭インタビューのVTRにて「姉妹ゲンカをしたら負けなさそう」「髪とか引っ張ったり...蹴ったり...」など、気の強いイメージがあると評価されたすずさん。MCであるTOKIOの国分太一さんが「どうなんですか?」と問いかけるも、彼女はすかさず「負けたとは毎回思ってないですね」と不敵な微笑みを見せる。

 2人は仲のいい姉妹として知られているものの、ケンカは今でもするそうだ。言い合いの最中にアリスさんが部屋に逃げるのが定番だが、すずさんは「はい逃げた~」と煽るのが癖だと告白。以前、アリスさんに部屋のカギを閉められた際は「なんで鍵しめてんの?家なのに」と、ドアノブを回しながら問い詰めたエピソードも披露された。

 気になる理由は様々だが、最近では「お互いがペットのご飯をあげていなかった」

 ことから「こっちも忙しいから」「いや私も、みんな忙しいから!」と言い合いになったことがあると振り返っている。アリスさん、すずさん共に負けず嫌いだが、口ゲンカではすずさんが一枚上手のようだ。

 時には「もう本当にやめなさい」と親に言われるほど強気な態度をとってしまうと話す

 彼女に対し、ツイッターでは「怖い」「気の強さが顔に出てる」と少々引いてしまったファンが多数見受けられた。しかし、同時に「姉妹とはそういうもの」「私の姉妹喧嘩はもっとやばい」といった擁護の声も続出している。彼女の気の強さが顕著に表れた今回の放送は、賛否両論といったところだろう。

最終更新:3/26(木) 20:50
J-CASTニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事