ここから本文です

LINE、出前館を傘下に グループで300億円を追加出資、関係強化でUber Eatsなどに対抗

3/26(木) 18:12配信

ねとらぼ

 LINEは3月26日、フードデリバリーサービスを展開する出前館と資本・業務提携を結ぶと発表しました。LINEと関連する投資ファンドで総額300億円を投じ、合計で出前館の株式の過半数を取得します。フードデリバリー市場ではUber Eatsなどが急速に勢力を拡大しており、LINEと出前館は関係を強化して対抗する考えです。

【「LINE デリマ」も展開している】

 出前館が4~5月払い込みで実施する第三者割当増資で新株を発行。LINEと、LINEの母体である韓国NAVERグループとLINEが出資する投資ファンドが引き受けます。増資後の保有比率はLINEが約36%、投資ファンドが約25%と過半数となり、事実上傘下にします。

 LINEは2016年に出前館(当時は「夢の街創造委員会」)と業務提携。その後株式を取得(21.7%)し、筆頭株主に。17年7月には料理の宅配をLINEアプリ上から検索・注文できる「LINE デリマ」をリリースしています。

 フードデリバリー市場は成長が続いており、参入が相次ぐ国内でも競争の激化が見込まれます。中でも、自前でデリバリーできない多くの飲食店のデリバリーを代行するUber Eatsなどが急成長しており、「近い将来、競合他社がデリバリー機能を有さない飲食店を中心に圧倒的な市場シェアを確保する懸念まで生じつつあります」(ニュースリリースより)という状況です。

 LINEと出前館が国内フードデリバリー市場でシェアを維持・拡大するために、出前館の投資資金を確保するとともに、技術やデータ、人材など様々な面で提携関係を強化することが必要と判断し、提携関係を強化すると説明しています。

 出前館は調達した資金をシステム開発やマーケティング費用、配達員の増強に投じる計画です。

ねとらぼ

最終更新:3/26(木) 18:12
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事