ここから本文です

はぁー……なにこれたまらん! 木のぬくもりが感じられるメカメカしい電動バイク「Newron EV-1」

3/26(木) 18:19配信

ねとらぼ

 フランスの電動バイクメーカー「Newron Motors」が、ブランド第1弾となる市販モデル「Newron EV-1」を発表しました。木目の美しいウッドパネルを使ったデザインで大きな注目を集めています。

【写真】別の木材を使った「Newron EV-1」もシブい

 Newron EV-1の最高速度は時速220キロ、最大トルクは240Nm、静止状態から時速100キロまでわずか3秒で到達する高い加速力を持っています。

 GPS、Bluetooth、Wi-Fiの通信機能が搭載されており、スマートフォンと連携したシステムなど、最新マシンらしい機能も利用できます。

 特徴的なのは流線型のカウル。そのすき間から見えるバッテリーなどを内蔵したシリンダー状の中心部など、冷ややかな印象を与えるメカニカルな部分と、美しい木目が漂わせる温かさが調和したデザインは好評を得ているようです。

 このウッドパネルは本物の木材が使用されており、エボニー、オーク、レッドシダー、ホワイトアッシュの4種類から選べるそうです。

 Newron EV-1は現在、12台限定でファーストロットの予約受付中。価格は約700万円です。

 バイクとして見れば高めの価格設定ですが、ボディやシートのカラーリング、タンデムとシングルのシート、ステップの位置調整などを含めたカスタムオーダー制で、自分専用マシンとして調整してもらえることを考えれば、そう高くないのかもしれませんね。

ねとらぼ

最終更新:3/26(木) 18:19
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事