ここから本文です

「日本放送協会放送文化賞」受賞のオール阪神・巨人、「この賞に恥じないよう」

3/26(木) 17:34配信

お笑いナタリー

「第71回(2019年度)日本放送協会放送文化賞」を受賞したオール阪神・巨人の贈呈式が本日3月26日、大阪・NHK大阪放送局で行われた。

「日本放送協会放送文化賞」は放送事業の発展、放送文化の向上に功績のあった人物に贈呈されるもの。今回は五木ひろしや歌舞伎俳優の中村吉右衛門ら7組が受賞した。贈呈式を受けてオール阪神・巨人のコメントが到着している。

オール阪神・巨人 コメントオール巨人:今日は、僕ら2人だけのためにこのような場をいただき、恐縮しておりますが、本当にありがたく思っています。この放送文化賞は、夢路いとし・喜味こいし先生、笑福亭仁鶴師匠といった僕たちが尊敬する先輩方が受賞してきた栄えある賞です。第1回受賞者の徳川夢声先生は、受賞前夜に布団の中でむせび泣きするくらい喜んでいたと聞いています。それだけすばらしい賞をいただいたことに感謝しています。この賞に恥じないようこれからもがんばりたいと思います。

オール阪神:うちの相方が放送文化賞についてこれだけ調べていたとは私、知りませんでした。このようなすばらしい場を設けていただき感謝申し上げます。NHKで賞をいただいたのは1976年の「NHK上方漫才コンテスト」優秀話術賞以来44年ぶり。その間NHKさんは何もくれへんかったな……いや「バラエティー生活笑百科」に放送開始からずっと出演させてもらっていますわ。これからもがんばりたいと思います。

最終更新:3/26(木) 17:34
お笑いナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事