ここから本文です

京都でワーナー作品集めた企画上映を開催、「オズの魔法使」「理由なき反抗」など6本

3/26(木) 22:00配信

映画ナタリー

「『オズの魔法使』とワーナー・ブラザース クラシックス傑作選」と銘打たれた特集上映が、明日3月27日から4月9日にかけて京都・出町座で開催される。

【写真】「理由なき反抗」 (c)1955 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.(メディアギャラリー他9件)

今回はジュディ・ガーランドが主役を務めた「オズの魔法使」、ジェームズ・ディーンとナタリー・ウッドの共演作「理由なき反抗」、サム・ペキンパーがメガホンを取ったアクション「ゲッタウェイ」を上映。

また実際に起こった銀行強盗事件をもとにしたアル・パチーノの出演作「狼たちの午後」、ダスティン・ホフマンとロバート・レッドフォードが記者を演じた「大統領の陰謀」のほか、ピーター・セラーズ扮する庭師を巡るコメディ「チャンス」もスクリーンにかけられる。

「オズの魔法使」とワーナー・ブラザース クラシックス傑作選2020年3月27日(金)~4月9日(木)京都府 出町座
料金:一般 1800円 / シニア 1100円 / 学生、障害者、会員 1000円
<上映作品>
「オズの魔法使」
「理由なき反抗」
「ゲッタウェイ(1972年)」
「狼たちの午後」
「大統領の陰謀」
「チャンス」

最終更新:3/26(木) 22:00
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事