ここから本文です

嗅覚異常を訴えた阪神・藤浪がPCR検査へ

3/26(木) 12:00配信

サンケイスポーツ

 阪神は26日、藤浪晋太郎投手(25)が嗅覚異常などを訴えたため、医師のすすめで、新型コロナウイルスの有無を判定するPCR検査を受けることが決まったと発表した。検査結果は後日、明らかにされる。

【表】主な出かけて「いい場所」「悪い場所」

 球団によると、藤浪は数日前から「匂いを感じない」なとと嗅覚の異常を訴えていたという。24日に兵庫県内の病院を受診。翌25日、同県内の別の病院で診察を受け、医師の判断で、PCR検査を受けることが決まった。

 藤浪は現在、発熱やせきなどの風邪の症状はなく、倦怠(けんたい)感もないという。

 「陰性」の可能性もあるが、球団は、この日までに藤浪から11日以降、前日25日までの2週間の行動を、本人の記録と記憶をもとに確認し、その間に会食をともにした選手や球団関係者、知人などに注意喚起した。この期間に藤浪と食事をした選手数人から「味覚障害」に類似した症状の申し出があったという。

 この日、西宮市内の鳴尾浜球場で予定されていたソフトバンクとの2軍の練習試合は中止となり、本拠地の甲子園球場や2軍の鳴尾浜の施設などの消毒作業を行っている。

最終更新:3/26(木) 13:05
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事