ここから本文です

阪神・藤浪が新型コロナ疑い PCR検査実施へ 2軍戦急きょ中止

3/26(木) 12:03配信

デイリースポーツ

 阪神は26日、藤浪晋太郎投手(25)が新型コロナウイルスのPCR検査を受けることになったと発表した。新型コロナウイルス感染時に発症する倦怠(けんたい)感、発熱、せきの症状はなかったが、身体の不調を訴えていたため検査を受診することになった。検査結果は改めて報告する。

【写真】大阪桐蔭の後輩と微妙な距離感で談笑していた藤浪

 球団発表によると、藤浪は数日前から「においを感じない」と嗅覚異常を訴え、兵庫県内の病院を受診していたが、25日に別の病院を受診した際に医師の判断でPCR検査を受診することになったという。

 本人は現在、自宅待機中。発熱や咳などの症状はない。行動履歴についても11日から25日までの2週間、本人の記録、記憶とともにすべて確認し、一緒に食事をした知人などには連絡。結果、当該期間に食事をした選手数名からはこの日の朝までに「味覚障害」と類似した症状の申し出を受けたという。

 藤浪は20~25日の1軍関東遠征には参加しておらず、甲子園での残留組で練習していた。そのため、藤浪と接触した可能性がある選手が参加予定だった2軍練習試合・ソフトバンク戦(鳴尾浜)は中止となった。

 また、2軍本隊は午前9時から練習を開始していたが、午前10時15分には切り上げて、選手寮「虎風荘」で今後の対策などを話し合った。

 NPBで選手がPCR検査を受けることを公表したのは初。

最終更新:3/26(木) 16:03
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事