ここから本文です

[世界フィギュア選手権 歴代国別ランキング]1位はロシア、2位は日本ではなく……

3/26(木) 11:33配信

REAL SPORTS

2020年の世界フィギュアスケート選手権は、残念ながら中止となった。出場を予定していた選手たちもさまざまな想いを口にしながら前を向いている。

振り返れば、これまでに数多くのドラマを生んできた世界選手権だが、最も成績を残してきたのはいったいどの選手で、どこの国だろうか? 今回は過去30大会の成績をもとに、選手別、国別のランキングを作成した。ぜひ予想しながら読み進めてほしい。

(文=REAL SPORTS編集部)

過去30大会の結果からランキングを作成!

世界フィギュア選手権は、1896年にロシア・サンクトペテルブルクで初めて開催され、前回2019年大会までで109回を数える。過去に2度の世界大戦とサベナ航空548便墜落事故(※)により中止になったことはあったが、格式と伝統ある大会として長く愛されてきた。
(※1961年、チェコスロバキア・プラハで開催予定の大会に参加するために、アメリカ代表のトップスケーター18選手と、その家族、コーチ、役員、審判ら計34人が乗客した飛行機が墜落。全員が亡くなり、世界中が悲しみに包まれた)

今シーズン、日本からは、男子シングルに宇野昌磨、羽生結弦、田中刑事、女子シングルに紀平梨花、樋口新葉、宮原知子、ペアに三浦璃来&木原龍一、アイスダンスに小松原美里&ティム・コレトが出場する予定だった。

今回、1980年から30大会の成績を集計し、選手別、国別のランキングを作成した。
ランキングの作成方法は以下の通り。
・1位=6pt、2位=5pt ~ 6位=1ptを付与する。7位以下は0ptとなる。
 <編集注:本記事におけるランキング作成のための独自ポイントで、国際スケート連盟(ISU)が付与しているポイントとは無関係>
・男子シングル、女子シングル、ペア、アイスダンスごとに集計した選手別、国別ランキングを作成
・4種目を合計した国別総合ランキングを作成

男子シングル:スーパースラム達成の羽生結弦を抑えて1位に輝いたのは?

最も成績を残した選手は、世界で初めて4回転のコンビネーションジャンプを成功させた元祖“4回転王”、エルビス・ストイコ(カナダ/引退)だった。3つの金メダルに加え、銀2つ、銅1つと計6個のメダルを取り、39ptで堂々の1位。1998年の長野オリンピックで銀メダルを獲得したことも、オールドファンにとっては懐かしい思い出だろう。1994年リレハンメルでも銀メダルを取ったほか、四大陸選手権、グランプリファイナルでそれぞれ1回の優勝を飾っている。引退後の2010年、バンクーバーオリンピックの結果を受けて、4回転ジャンプに対する評価が低いことや、難しいジャンプを跳ばないスケーターが優勝できてしまう当時のフィギュアスケートの流れに苦言を呈したことでも知られる。

2位には34ptで2人が並んだ。
一人は、ブライアン・ジュベール(フランス/引退)。金1つ、銀3つ、銅2つと計6個のメダルを取り、奇しくもエルビス・ストイコと同じく4回転ジャンプに対する強いこだわりを持ったスケーターだ。欧州選手権で3度、グランプリファイナルで1度の優勝を飾り、オリンピックにも4度出場を果たす(最高6位)など、フランスを代表するスケーターの一人だ。

もう一人は、今や誰もが認める世界一のスケーターへと上り詰めた羽生結弦(日本)だ。2つの金メダルに加え、3つの銀、1つの銅、計6個のメダルをつかみ取っている。2018年平昌オリンピックでは男子シングルで66年ぶりとなる連覇を達成したほか、グランプリファイナルでは4度の優勝、そして今シーズンの四大陸選手権で初優勝を飾り、ジュニアの2大タイトルと合わせて、男子では世界初のスーパースラムを成し遂げた。1位のエルビス・ストイコとは5pt差のため、もし今シーズン大会が開催されていればトップに躍り出ていた可能性もあったため残念ではあるが、羽生ならばきっと次の大会で達成してくれることだろう。

============================
1. エルビス・ストイコ(カナダ/引退) 39pt=金3、銀2、銅1
2. 羽生結弦(日本) 34pt=金2、銀3、銅1
2. ブライアン・ジュベール(フランス/引退) 34pt=金1、銀3、銅2
4. アレクセイ・ヤグディン(ロシア/引退) 33pt=金4、銀1、銅1
5. パトリック・チャン(カナダ/引退) 32pt=金3、銀2
6. トッド・エルドリッジ(アメリカ/引退) 31pt=金1、銀3、銅2
7. エフゲニー・プルシェンコ(ロシア/引退) 30pt=金3、銀1、銅1
8. カート・ブラウニング(カナダ/引退) 23pt=金3、銀1
8. ハビエル・フェルナンデス(スペイン/引退) 23pt=金2、銅2
10. 高橋大輔(日本) 22pt=金1、銀2
============================

国別ランキングは、以下の通り。
============================
1. アメリカ 127pt=金4、銀5、銅10
2. カナダ 113pt=金10、銀6、銅1
2. ロシア 113pt=金7、銀5、銅5
4. 日本 99pt=金3、銀9、銅3
5. フランス 51pt=金1、銀4、銅3
============================

1位はアメリカで、最多19個のメダルを取っている。そのうち、1990年代から2000年代で16個ものメダルを手にしていたものの、2009年大会にエヴァン・ライサチェクが優勝を飾って以降、長らくメダルから遠ざかっていたものの、ネイサン・チェンが9年ぶりに表彰台へと上り、金メダル獲得を成し遂げた。昨年はネイサン・チェンが連覇を果たすだけでなく、ヴィンセント・ジョウが銅メダルを獲得するなど、再びアメリカの時代の到来を予感させている。

金メダル最多10個を獲得したのは、2位タイのカナダ。個人トップ10に最多3人を輩出していることからもわかるように、特定のスケーターが出場し続け、そして結果を残してきた。たった4人で17個のメダルを獲得したことは驚きに値するといえるだろう(ちなみにアメリカは最多9人で19個、ロシアは6人で17個)。

日本は4位。3つの金を含む15のメダルを、羽生結弦、高橋大輔、宇野昌磨、本田武史、小塚崇彦、町田樹の6人で獲得している。

ただし、2010年代だけに限っていえば、12個のメダルで72pt。次点のカナダが4個のメダルで31ptなので、圧倒的な成績だ。羽生、宇野だけでなく、鍵山優真や佐藤駿といったジュニアで結果を残したスケーターたちの存在もあり、今後さらに順位を上げていくことに期待したい。

1/5ページ

最終更新:3/26(木) 18:01
REAL SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ