ここから本文です

自宅で手軽に大画面を楽しめるプロジェクター4選

3/26(木) 20:00配信

&GP

少し前までのプロジェクターと言えば、ホームシアター志向の高額品か、ビジネスユースが主流だった。しかし、最近は置き場や設置場所を選ばない、手軽で簡単なモデルも登場。壁に投影して楽しめる!

【詳細画像・使用シーンはこちら】

【選んでくれた人】
オーディオ・ビジュアルライター 折原一也さん/オーディオ・ビジュアル専門誌やモノ雑誌、Web媒体などで、製品のレビューをはじめ、様々な記事を執筆。ハイスペック製品だけでなく、コスパの良い商品セレクションなどもカバーする。

持ち運べるサイズが増えたから、どこでも楽しめる

これまでのプロジェクターは、どちらかというと映画好きで比較的年齢が高い人の趣味という印象があった。

「確かにそうなんです。しかし1年くらい前から5~10万円くらいで、プロジェクター自体にWi-Fiが入っていて、映像配信機能がついているものが発売され始めました」と折原さん。

それを象徴するのが、popIn AladdinやAnker製品の出現だろう。

「ネット配信しか見ないのだから、チューナーレスでもいいんじゃないかな、という風潮と製品の出現がちょうどマッチしたんです。それに映像を投影するには、白い壁さえあればいいんですから、わざわざ大画面のテレビを買わなくてもすみます」

見方を変えれば、プロジェクターを使うことで、省スペースでも大画面の映像を楽しめるということになる。

「それに今回選んだものは、popIn Aladdinを除いて、どこにでも持ち運びができます。つまり、家の中の好きな部屋で、好きなときに気楽に見ることもできるんです」

以前のように、大げさな設置工事も必要なく、カジュアルな感覚で視聴できるのも人気が出てきている一因だ。また、すでにテレビがあったとしても、別気分で楽しめるのだ。

1. 映像も音もコレ1台で完結のオールインワンモデル

EPSON
「EF-100B/EF-100W」(実勢価格:10万6000円前後)

【最大の特徴は、本体にFire TV Stickを接続して、収納できるようになっている点です。画質も結構よくて、オールインワンで大画面を楽しめます(折原さん)】

収納することはできないがChrome castも使用できる。また、 Android TV端末同梱モデルもあるので、簡単に配信動画を楽しめる。

3LCD方式でレーザー光源を採用しているので、明るい部屋でも高画質の映像を投影できる。

1/2ページ

最終更新:3/27(金) 10:08
&GP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ