ここから本文です

出版界きってのグルメが〆で食べる名物「オムライス」とは

3/26(木) 6:37配信

食べログマガジン

〈食通の昼メシ〉

日々新しいトレンドが生まれるグルメ業界。流行りのメニューを試すのも楽しいが、毎日食べたいのは昔ながらの定番メニューだったりする。業界きっての美食家「食べログ グルメ著名人」に、毎月、一番好きな定番昼メニューの名店を教えてもらう連載。今日のランチはこれで決まり!

教えてくれる人|柏原光太郎

日本ガストロノミー協会会長。大学卒業後、出版社に勤務し、グルメ本を手がけたことで食の奥深さに目覚める。料理は作ることも食べることも大好きで、中学生の娘の毎日の弁当と朝ごはん、週末の家ごはんを作っている。料理好きのための食の発信基地としての役割を担うべく2017年12月、一般社団法人「日本ガストロノミー協会」を設立。

今月のメニュー:「オムライス」

春になるとなぜか食べたくなるのがオムライス。黄色がタンポポや菜の花といった春の花を連想させるからなのか。

ご飯はケチャップライスかバターライスかはたまた醤油味なんて変化球もある。卵はトロトロ系から薄焼き系、スフレ系まで表現が幅広く、ソースは王道のケチャップもいいがデミグラスも人気だ。具材もチキンに限らず、牛肉やシーフードなど自由自在。

スプーンを入れる瞬間に、こんなに胸が高まる料理は、他にないかもしれない。

柏原光太郎、昼に最高の「オムライス」|「竹政」の半熟とろとろオムライス 1300円(税込)

突き出し代わりに出されるお椀が絶品で、魚が抜群においしい居酒屋以上割烹未満の店だが、なぜか〆のオムライスが名物でおいしい。というのも主人がかつて洋食をやっていたから。オーソドックスなオムライスだが、〆にはこれを食べないと「竹政」に来たかいがないと思うほど。

竹政

住所:東京都豊島区南大塚3-35-7
TEL:03-3983-1103
営業時間:
火~土
17:30~24:00(L.O23:00)
定休日:日曜日 月曜日
※「食べログ」に掲載されている情報をもとに、料理名・金額を掲載しております。最新の情報はお店の方にご確認ください。

「オムライス」のココが重要|一番好きなソース

【白いソース】
横浜にある「レストラン シン」という洋食屋に「ハンバーグ日本風」というメニューがあり、オリジナルの白いソースで食べるハンバーグが絶品だ。この店にはオムライスはないと思うが、いつかそのソースで食べてみたいと思っている。

こだわりの食べ方

オムライスは玉子とライスが最後まで同じ配分で口に運ばれなくてはいけないが、なかなか難しいときは、最初は我慢しても最後の一口を私好みの理想の配分で終わらせたい。それは玉子1・ライス2の割合。それを頭に入れながら、最初から食べ進む。

文:柏原光太郎・食べログマガジン編集部

最終更新:3/26(木) 6:37
食べログマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事