ここから本文です

「延期は悲しいが、正しい決定」ジョコビッチが東京五輪に言及<男子テニス>

3/26(木) 15:09配信

tennis365.net

ツイッター

男子テニスで世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)は25日にツイッターを更新し、昨年日本で撮影した写真とともに、東京オリンピック・パラリンピックの延期に言及した。

【ジョコ「今こそ有意義な時間を」】

東京オリンピックは本来、今年7月24日から8月9日までの期間で開催されることになっていたが、新型コロナウイルスの世界的な蔓延により1年程度の延期が発表されていた。

ジョコビッチは昨年9月に行われた楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオン シップス 2019(日本/東京、ハード、ATP500)に出場してタイトルを獲得。東京オリンピックへの参加も有力視されていた。

32歳のジョコビッチは「Tokyo2020」と記されたシューズを掲げた写真を掲載し「昨年、日本でこの写真を撮った。オリンピックの延期は悲しいが関係者全員の健康にとっては正しい決定だと僕は信じている。2021年の東京オリンピックを楽しみにしよう」と綴った。

テニスは現在、6月7日まで男女を問わず全ての大会の中止が決定している。

最終更新:3/26(木) 15:09
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事