ここから本文です

アプリリア「トゥオーノ V4 1100 Factory」2020年モデル受注開始 デリバリーは4月上旬から

3/26(木) 17:00配信

バイクのニュース

年々進化を遂げる電子制御システム、使いこなせるのか?

 アプリリアのフラッグシップモデル「RSV4」から多くのコンポーネントを受け継ぐネイキッドバージョンの「TUONO V4 1100 Factory」が、グラフィックも新たに2020年モデルとして登場しました。3月20日より全国のアプリリア正規販売店にて受注開始、4月上旬から順次デリバリーされます。

【画像】アプリリア「TUONO V4 1100 Factory」(2020年型)スタイリング(7枚)

 搭載されるエンジンは排気量1077ccの水冷65度V型4気筒DOHC4バルブ、最高出力175HP(129kW)/11000 rpm、最大トルク121Nm/9000 rpmを発揮します。サスペンションおよびステアリングダンパーにはオーリンズ製、ブレーキにはブレンボ製、BOSCH製ABSを装備し、車両重量は209kgとなっています。

 外装には一部カーボン素材を採用し、スーパーバイク「RSV4 1100 Factory」のラインに沿ったマットブラックをベースにトリコロールグラフィックを配し、アプリリアのMotoGPマシン「RS-GP」のイメージをネイキッドバイクに反映しています。カラーリングはその名も「レーシング」のみの設定となります。

 レーシングで研ぎ澄まされてきた「RSV4」がカウルを脱ぎ去り、そのままアップライトなハンドルバーを装着したかのような「TUONO(トゥオーノ)」は、長年その関係性を維持しながら要求の多いファンに支持されています。

 毎年アップデートされる進化が著しい電子制御システムには、ワールドスーパーバイクのテクノロジーから直接フィードバックされた特許制御システム「APRC(アプリリア・パフォーマンス・ライド・コントロール)」が標準装備され、トラクション、ウイリー、ローンチ(サーキットのみ)、クイックシフト、コーナリングABS、ピットリミッター、クルーズコントロールなど、高度なコントロールパッケージが含まれています。

 先進的なセミアクティブ電子制御サスペンションシステムまで標準装備したトゥオーノは、3つのライディングモードからさらに緻密な設定も可能としており、手元のスイッチとカラーTFTメーターパネルで走行環境に応じた好みのセットアップが可能です。

 レーシング由来のハイパフォーマンス、高度で緻密な設定を可能とする電子制御システムなど、乗る者に多くの経験やノウハウが求められるアプリリア「TUONO V4 1100 Factory」(2020年型)の価格(消費税10%込み)は209万円です。

バイクのニュース編集部

最終更新:3/26(木) 17:00
バイクのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事