ここから本文です

県内2人目 40代女性が新型コロナウイルスに感染

3/26(木) 18:52配信

KHB東日本放送

宮城県は、40代の女性が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。県内で感染が確認されたのは2人目です。
県によりますと新型コロナウイルスの感染が新たに確認されたのは、七ヶ浜町に住む40代の女性です。
この女性は21日に発熱や全身の倦怠感などの症状が出たため、26日に県保健環境センターでウイルス検査を受けたところ感染が確認されました。
女性は県内の感染症指定医療機関に入院していて、熱は下がってきたものの倦怠感が残っているということです。
県内で新型コロナウイルスの感染が確認されたのはこれで2人目です。
女性は東京都で25日に感染が判明した患者の濃厚接触者で、都内の患者は2月下旬から3月13日までの間、女性の自宅を度々訪問していました。
女性は症状が出た後の22日と24日に自分の車で外出し、それぞれ5分程度、町内で買い物をしていますが、マスクを着用していたということです。
女性は一人暮らしで、持病のため自宅療養中でした。県は現時点で濃厚接触者は確認されていないとしています。
村井知事は東京都内でも感染が拡大していることから危機感を示し、「非常に不便をかけるが当面は不要不急の外出は控え、自分で自分の身を守ることを最優先で行ってほしい」と感染拡大の防止を強く呼びかけました。
七ヶ浜町では町内で感染者が確認されたことを受けて、4月8日に再開予定だった町内の小中学校を19日まで臨時休校にすることを決めました。
一方、東京都内では26日、前日の感染確認者数を上回る47人の感染が確認されたことが関係者への取材で分かりました。

最終更新:3/26(木) 18:52
KHB東日本放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ