ここから本文です

「たった5年…」生後1カ月の次男への暴力で脳に損傷も…虐待した父親に判決 祖母が語る“思い”

3/26(木) 18:15配信

KSB瀬戸内海放送

 判決を受けて赤ちゃんの祖母が語りました。2019年12月香川県多度津町で当時生後1カ月の次男を虐待し、大けがを負わせた罪に問われていた父親に高松地方裁判所は懲役5年を言い渡しました。

 傷害の罪で判決を受けたのは香川県多度津町の金澤亮真被告(24)です。判決によりますと金澤被告は2019年12月31日の夜、妻の愛蓮被告(22)とともに当時生後約1カ月の次男の頭を携帯電話で殴ったり、壁に打ち付けたりするなどしました。

 次男は頭の骨を折るなど全治2カ月の大けがをしました。脳の広い範囲に損傷があり知的・身体的機能に重い後遺症が残る恐れが極めて高いということです。

 26日の判決公判で高松地方裁判所の濱優子裁判官は、「無力な乳児に激しい暴力を振るい続けた。2日後に病院を受診した際も、虐待を隠すため虚偽の説明をするなど身勝手である」として懲役6年の求刑に対して懲役5年の判決を言い渡しました。

 金澤被告の判決を受けて妻・愛蓮被告の母親がKSBの取材に思いを語りました。

(金澤被告の妻・愛蓮被告の母親)
ー次男への虐待について
「一言で言うたらショック。できるのであれば虐待される前の状態で戻ってきてくれたらええなっていうのはあるけどでも、それはないことやから」
ー金澤被告の判決について
「私的には軽い。生後40日で介護状態が何十年と続くかもしれないって思ったら、そのうちの5年、たった5年って、そんな感じ」
「上2人が大きくなったときになんでその次男は自分で歩けないの、しゃべれないのって聞かれたときに何て答えるのって。自分がやったって多分言えないと思うんですよ。そんなんだったら関わってほしくない」

 母親の愛蓮被告も傷害の罪で起訴されていて、次回の公判は4月30日の予定です。

最終更新:3/26(木) 19:08
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ