ここから本文です

プロ、社会人、独立リーガーなど7名が継続中。2013年の仙台育英はセンターラインを中心に強者揃いだった!

3/26(木) 15:00配信

高校野球ドットコム

 これまで数多くのチームの現在を取り扱い、その世代がどれだけ強かったのか理解を深めてきた。その中で2013年の浦和学院を紹介したが、今回は浦和学院と夏の甲子園で熱戦を繰り広げた仙台育英の2013年の夏のメンバーを振り返りたい。

【写真】今では貴重!制服姿で人前で話をする上林誠司

1番ショート:熊谷 敬宥(立教大-阪神タイガース)
2番セカンド:菊名 裕貴(東北福祉大-バイタルネット-福島レッドホープス)
3番レフト:長谷川 寛(早稲田大-北海道ガス)
4番センター:上林 誠知(福岡ソフトバンクホークス)
5番ファースト:水間 俊樹(東北学院大-ネッツトヨタ仙台【軟式】)
6番キャッチャー:小林 遼(富士大-JX-ENEOS)
9番ピッチャー:鈴木 天斗(東北福祉大-七十七銀行)

 上記が現在も野球を継続している選手たち。プロや社会人、そして独立リーグを含めてスタメン7名(1名軟式)と多い。加えてセンターラインに選手が集まっていることを見ると、よく言われる『センターラインを固める』という言葉の重要性を再確認することができる。

 熊谷、上林は現在プロの世界で奮闘中。互いにレギュラー奪取とは至っていないが、熊谷は立教大時代に主将として4年生の春に全日本大学野球選手権の優勝を経験。大学日本代表も経験している実力者。上林は高卒プロで入団して7年目を迎えた。侍ジャパンにも招集されて国際試合も経験する球界の若手の中では実力ある外野手だ。

 そして社会人組は3名。3番を務めた長谷川は東京六大学の名門・早稲田大へ進学するもリーグ戦は3年の春から出場。4年生の春にリーグ戦初ホームランなど打率.293の成績を残して北海道ガスへ進んだ。

 一方で小林は1年生秋にリーグ戦初出場。4年生の時には主将も務め、ベストナインも4年間で2度受賞。全日本、神宮大会、そして大学代表として国際試合も経験する実力者捕手。バッテリーを組んでいた鈴木はチームの神宮大会初優勝の原動力。今は七十七銀行で継続しており、今後の活躍が期待される。

 菊名は社会人から独立リーグの福島レッドホープスで現役としてプレー。岩村明憲監督の指導の下、プロ入りを目指しており、水間は軟式ではあるが社会人でも野球を継続している。

 他にも途中出場だが、仙台大から阪神タイガースへ入団した馬場 皐輔も当時のメンバーのうちの1人。浦和学院も多くの選手が社会人やプロで継続しており、チームとして高い実力を持っていたことが分かった。仙台育英もそれに負けない戦力だったことが今回でわかり、7年前に起きた大熱戦も納得できるのではないだろうか。

最終更新:3/26(木) 15:00
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ