ここから本文です

原因は感染の自覚ない若者!? 首都に迫る感染爆発の危機…「外出自粛」で1都4県が協力確認へ

3/26(木) 19:55配信

FNN.jpプライムオンライン

1都4県の知事が電話会談へ

3月26日、東京都では新たに47人症の感染が確認された(午後5時時点)。東京都では25日にも41人の感染が確認されていて、これで2日続けて40人以上の感染が確認されたことになる。

【画像】自粛ムードの中、桜の名所では混雑も

事態の深刻化を受け、隣接する千葉県・神奈川県・埼玉県・山梨県は相次いで次のように呼びかけた。

千葉県 森田健作知事:
今週末、都内への不要不急の外出を自粛していただきたいと思います

神奈川県 黒岩祐治知事:
外出を自粛を要請するということですね。それを“どこ”とは、あえて言いません。私の認識では、東京都と神奈川県は一体になっていると思っております

首都・東京都の人の出入りを抑える動き。きっかけとなったのは、小池都知事が25日夜に行った緊急会見だ。

東京都 小池百合子知事:
「感染爆発の重大局面」と捉えていただきたいと存じます。感染爆発重大局面

感染爆発の重大局面にあると強い危機感を表明。さらに26日午後7時からは、隣接する神奈川・千葉・埼玉・山梨の4県の知事との電話会談が予定されている。

東京都 小池百合子知事:
外出の自粛など、これは首都圏全体の話になってくるので、首都圏としてのメッセージを発出できるようにしていきたいと思っております

推計を上回る増加 政府は対策本部の設置を決定

国の推計を上回るスピードで増加している感染者。厚生労働省の対策班によると、東京都では3月21日からの5日間で感染者は51人増えると推計していたが、実際には25日までのわずか3日間で74人に上った。

この推計では、「今後2週間で感染者が約500人増える」とされていたが、それを上回る可能性があるのだ。

こうした感染者急増のリスクを受け、政府は26日、新型コロナウイルス特別措置法に基づく対策本部の設置を決めた。これは緊急事態宣言の前提となるもので、安倍首相はこの後の対策本部会合で基本方針の策定を指示する。

若者が感染自覚ないまま行動か “繁華街クラスター”指摘も

25日の都知事会見で特に強調された言葉がある。

東京都 小池百合子知事:
症状の出ない方、症状が軽い方が、無意識のうちにウイルスを拡散させるということが懸念されています。夜間の外出についてもお控えいただきたい

しかし、新型コロナウイルスの感染者急増の背景には、若者の行動があるとの指摘もある。

東京都 小池百合子知事:
すでに感染をしていながらも、若い方は体力があり、行動力がある方々が、自分自身が感染している自覚がないままあちこち活動される

症状のない人、または症状の軽い人が、無自覚に感染の拡大を招いている恐れがあるというのだ。

厚労省対策班は、都内の繁華街にある飲食店でクラスターと呼ばれる感染者の集団が発生している疑いがあると指摘。今後、若者などを中心に感染者の急増が続く可能性もあるとしている。

1/2ページ

最終更新:3/26(木) 21:50
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ