ここから本文です

春らしい暖かさ続く 北日本は高温傾向が顕著(気象庁1か月予報)

3/26(木) 15:36配信

ウェザーニュース

 気象庁は26日(木)、3月28日~4月27日までの1か月予報を発表しました。この先1か月は全国的に気温は平年並みか平年より高く、北日本では4月はじめにかけてかなり気温が高くなる見込みです。

4月はじめにかけては高温傾向続く

 3月終わりから4月のはじめにかけても全国的に気温は平年よりも高めの傾向が続きます。特に北日本では高温傾向が顕著になります。

 その後も北日本では平年より気温並みか高く、暖かい日が多くなります。雪の多く積もっている所では雪解けが進む見込みです。
 一方、沖縄から西日本、東日本では平年並みとなります。

関東や東海の降水量は平年より多い傾向

 春らしく天気は周期変化となります。
 ただし、東海や関東では、4月はじめにかけて湿った空気の影響を受けやすく、平年より晴れる日が少なくなります。降水量は平年並みか平年より多くなる見込みです。
 その他の各地は平年並みの降水量となりそうです。

ウェザーニュース

最終更新:3/26(木) 15:36
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事