ここから本文です

攻防両面でリーグトップ5の実力を誇るセルティックス/2019-20NBA通信簿チーム編①

3/26(木) 21:07配信

バスケットボールキング

新型コロナウイルスの感染拡大を防止すべく、世界最高峰のエンターテインメント、NBAは3月13日(現地時間12日、日付は以下同)より2019-20レギュラーシーズンを中断することを余儀なくされた。シーズン再開は早くても6月中旬から下旬にかけてと現地メディアが報じている中、65試合前後を消化した各チームならびにその主要選手たちを振り返っていきたい。
※データは日本時間3月12日終了時点、%=パーセント、評価は上から順にS、A、B、C、D、Eの6段階

2019-20シーズンNBA通信簿チーム編①ボストン・セルティックス

イースタン・カンファレンス(アトランティック・ディビジョン)
総合評価:A

■ここまでの戦績
今季戦績:43勝21敗(勝率67.2%/イースト3位)
ホーム戦績:23勝9敗(勝率71.9%)
アウェー戦績:20勝12敗(勝率62.5%)

■主要チームスタッツ(カッコ内はリーグ順位)
平均得点:113.0(11位)
平均失点:106.8(2位)
平均リバウンド:46.0本(9位)
平均アシスト:22.8本(25位)
平均スティール:8.3本(7位)
平均ブロック:5.6本(6位)
オフェンシブ・レーティング:112.3(5位)
ディフェンシブ・レーティング:106.2(4位)

■主要スタッツリーダー
平均出場時間:ジェイソン・テイタム(34.6分)
平均得点:ジェイソン・テイタム(23.6得点)
平均リバウンド:エネス・カンター(7.7本)
平均アシスト:ケンバ・ウォーカー(4.9本)
平均スティール:マーカス・スマート(1.6本)
平均ブロック:ダニエル・タイス(1.3本)

■開幕後の選手またはコーチの動き
なし

開幕2戦目から10連勝! ヘイワードの離脱も乗り切りイースト上位を堅持

 カイリー・アービング(現ブルックリン・ネッツ)、アル・ホーフォード(現フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)がイーストのライバルチームへ移籍する中、新たにケンバ・ウォーカーとエネス・カンターを加えて迎えた今季。決して高い評価だったわけではないものの、昨夏アメリカ代表としてFIBAワールドカップに4選手(ケンバ、ジェイソン・テイタム、ジェイレン・ブラウン、マーカス・スマート)が出場。主力選手たちがトレーニングキャンプを前に、多くの時間を共にしたことがケミストリーを構築するうえで奏功した。

 開幕戦こそシクサーズに敗れたものの、翌2戦目から破竹の10連勝をマークして一気に流れに乗った。その中には昨季覇者トロント・ラプターズ、昨季リーグトップの60勝22敗を挙げたミルウォーキー・バックスも含まれており、価値あるものとなった。

 11月中旬からゴードン・ヘイワードが左手骨折のため約1か月離脱したものの、スマートがカバーして白星先行を維持。1月に入って3連敗を2度喫したものの、7連勝で巻き返しに成功。2月末にヒューストン・ロケッツ、ネッツ相手に2戦連続で延長の末に敗れたとはいえ、バックス、ラプターズに次いでプレーオフ出場を決めている。

1/2ページ

最終更新:3/26(木) 22:26
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事