ここから本文です

約100カ国が韓国の診断キットを要請 政府が効果的な支援策協議

3/26(木) 20:58配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は26日、新型コロナウイルス感染拡大防止のための医療用品を効率よく各国に届けることなどを目的に設置された関係官庁によるタスクフォース(作業部会)の初会議を開いた。

 

 今回の会議では国や地域ごとの要請の状況を共有し、効果的な人道的支援のための診断キットの支援策、国内の需給状況の点検、官庁ごとの支援手段の調査、運送・通関に関連した企業の障害解消策などについて議論した。また今後の効果的な支援システム構築のための方策についても協議した。

 26日時点で、外交ルートを通じて診断キットの輸入に関する問い合わせや要請があったのは51カ国で、診断キットの支援について問い合わせがあったのは50カ国となっている。

 会議には外交部、食品医薬品安全処、保健福祉部、産業通商資源部、大韓貿易投資振興公社(KOTRA)などの担当者が出席した。

Copyright 2020YONHAPNEWS. All rights reserved.

最終更新:3/26(木) 20:58
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事