ここから本文です

【速報】広島市で2例目の新型コロナ感染確認 広島市中区の自営業の女性(40代) 市の発表を詳報 広島県内では4例目

3/26(木) 11:51配信

RCC中国放送

中国放送

 速報です。広島市で2例目、県内では4例目となる新型コロナウイルスの感染が確認されました。

 広島市の松井市長の会見が、午前11時半から始まりました。

 市によりますと、感染が確認されたのは、広島市の40代の自営業の女性です。女性は、3月19日に39度、20日に38.5度の発熱。その後、解熱しましたが、23日以降、断続的に39度を超える高熱となりました。

 女性は、24日に保険センターに相談のうえ、市内の医療機関を受診。さらに25日未明、39.9度の発熱があり、別の医療機関を受診したところ、肺炎の所見があり、検査が必要と判断。検体を採取し、感染が確認されたということです。現在、女性は指定医療機関に入院しています。

 女性は、発症前の14日以内に渡航歴はないということで、市は、濃厚接触者の確認を進めています。

 感染確認は広島県内では4例目となります。


 【行動歴等】

 19日(木)未明に39度の発熱・倦怠感 
       朝に解熱したが、夜に39度の発熱
 20日(金)朝に解熱したが、夜に38.5度の発熱
 21日(土)発熱なし
 22日(日)発熱なし 屋外スポーツ施設(廿日市市)利用
 23日(月)屋外スポーツ施設(東広島市)利用 
       夜に39.5度の発熱 解熱剤を服用し解熱
 24日(火)発熱が継続したため保健センターに相談
       A医療機関を受診
 25日(水)未明に39.9度の発熱 B医療機関を受診
       胸部CT検査の結果、肺炎の所見があり、
       医師が保健センターと協議のうえ、
       新型コロナウイルス感染を疑い、検体を採取
       遺伝子検査の結果、陽性判明 夜にせき・鼻汁
 26日(木)未明に38.4度の発熱 解熱剤を服用
       感染症指定医療機関に入院

 ※ 女性によると、発症14日以内に渡航歴なし。
   また、発症後はマスクを着用していた

RCC BROADCASTING CO.,LTD.

最終更新:3/26(木) 12:45
RCC中国放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ