ここから本文です

「東京で感染した可能性が高い」 新型コロナ・沖縄6人目の40代男性 行動歴は不明

3/26(木) 5:25配信

沖縄タイムス

 新型コロナウイルス感染が分かった東京都の40代男性について沖縄県保健医療部の砂川靖部長は「台湾から帰国後、東京滞在中に感染した可能性が高い」との認識を示した。男性が東京で共に行動した知人も感染が疑われる症状があるという。

この記事の他の写真・図を見る

 男性は7~9日に台湾に滞在。いったん居住する東京都に戻った後、仕事のため18日に来県した。その日に発熱があり、感染症対策が整った協力医療病院を受診。インフルエンザは陰性で経過観察となった。

 しかし発熱や下痢の症状は治まらず、20日に那覇市保健所に相談。翌21日に同じ医療機関を再受診し、下気道炎も確認されたため、コロナ疑いで検体採取した。陽性判明は3日後の24日だった。

 男性は18日以降、那覇市内の宿泊施設に滞在。外出したかや受診状況、同行者は調査中で、来沖した航空便も特定できていない。

 23日に感染が分かったベルギー滞在歴がある20代男性も利用の航空便や濃厚接触者など調査中という。

最終更新:3/26(木) 5:25
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ