ここから本文です

梅沢富美男、永世名人昇格ならず…夏井いつき先生「安易」「気に入らない」

3/26(木) 21:44配信

スポーツ報知

 俳優・梅沢富美男(68)が26日放送のTBS系「プレバト!!」(木曜・後7時)に出演。人気コーナー「俳句の査定ランキング」の「永世名人への道」で現状維持となり、永世名人昇格とはならなかった。

 名人10段・星4つで永世名人昇格へ王手がかかっていた梅沢。この日はスーツやネクタイ、時計を新調して登場し、「今日こそ名人のトップになります」と意気込んでいた。この日のお題は「桜と校舎で一句」。梅沢は自身の貧乏だった小学生時代の体験を重ねた句で勝負をかけた。

 俳人・夏井いつき先生(61)から「評価のポイントは中七。『あの日の』という表現の是非」と指摘され梅沢は「『あの日』で止めてもいいんです。でも『あの日の』で止めたかったんです。これが名人の句です」と自信満々の様子だったが結果は現状維持。夏井先生は「良い句なんですよ」としながらも「『あの日の』っていうのがね全体読んだときにこういう言葉で安易に句には入っているっていうのがどうも気に入らない」とぴしゃり。以前も同じような句を詠んだことを挙げ「使い回してる感じがあるじゃないですか。なぜきちっと書いて切実な切迫感をここでどうにかしないんですか。小学生が見てるんだよ」と解説した。

 この厳しい解説に梅沢は「小学生が見てるんだよ」不満げ。「不良になってやる。不良になってやるからな」とやけっぱちだった。

報知新聞社

最終更新:3/26(木) 21:44
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事