ここから本文です

ただ今、一部コメントが表示されない不具合が発生しています。ご迷惑をおかけし申し訳ございません。

名称は「ミライニ」、ロゴお披露目

3/27(金) 12:16配信

山形新聞

 酒田市は26日、JR酒田駅前周辺再開発事業の拠点となる複合施設のうち、図書館機能を持つ公共施設の名称を「ミライニ」と発表した。本や灯台などをイメージしたミライニのロゴもお披露目されたほか、ミライニや併設する新ホテルを含む複合施設A棟が11月3日に先行オープンすることも明らかにした。

 ミライニの名称考案とロゴ制作は、東北芸術工科大グラフィックデザイン学科長の原高史教授と生徒有志、卒業生のプロジェクトチームが担当した。名称には「未来に向かう、羽ばたく」との思いを込め、ロゴは本や灯台、船、芽吹き、鳥の5つの要素を一体化させたという。

 26日に市役所で開かれた記者会見で、丸山至市長は「市ににぎわいをもたらす場所として機能するように頑張っていきたい」とあいさつ。プロジェクトチームリーダーで同市出身の同大3年冨樫菜乃さん(21)は「ミライニが市民になじみのあるものになってほしい」と述べた。会見では同チームがデザインした、新ホテル「月のホテル」とレストラン「月のみち」のロゴなども発表された。

 11月3日にミライニなどA棟の一部がオープン後、立体駐車場や店舗が入るB棟、分譲マンションのC棟を合わせた複合施設全体のグランドオープンは2022年4月を予定している。

最終更新:3/27(金) 12:16
山形新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ