ここから本文です

ただ今、一部コメントが表示されない不具合が発生しています。ご迷惑をおかけし申し訳ございません。

ANA、国内7路線で追加減便 4月から成田-伊丹など

3/27(金) 15:37配信

Aviation Wire

 全日本空輸(ANA/NH)は3月27日、国内線の一部路線を追加減便すると発表した。中国本土から感染が拡大した新型コロナウイルス(COVID-19)による需要減少によるもので、成田-伊丹線など5路線を新たに追加するほか、成田-札幌線など2路線は便を追加する。対象期間は4月1日から6日までの6日間で、7路線99便に影響する。

 1日2往復の成田-伊丹線は、4月2日から6日まで運休。期間内は1日の成田発NH2179便も運休する。同3往復の成田-中部線は、2日から6日まで1往復に減便。同2往復の成田-仙台線は1日から6日まで、1往復に減便する。

 成田-札幌線は1日2往復のうち、1往復を2日から6日まで減便。残りの1往復は1日から28日まで減便を発表済みで、2日から6日までは期間運休となる。同2往復の成田-福岡線も1日から6日まで減便し、発表済みの減便分と合わせ、1日から6日までは期間運休となる。

 1日2往復の札幌-青森線は、1日から6日まで1往復に減便。同1往復の広島-札幌線は、1日の広島発のみ運航。2日から6日までは期間運休する。

Yusuke KOHASE

最終更新:3/28(土) 0:39
Aviation Wire

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ