ここから本文です

技光る父子の茶道具 京都の岩木さん30日まで展示会 若松

3/27(金) 9:39配信

福島民報

 京都の指物師裕軒四代の岩木秀斎さんと、長男秀樹さんの父子展は三十日まで、会津若松市のアピオスペースで開かれている。

 いわき市の小野美術の主催。岩木さん親子は会津桐(きり)やヒノキ、スギ、竹などで茶道具を制作している。茶器や香合など約百十点を展示販売している。

 時間は午前十時から午後六時(最終日は午後五時)まで。岩木さんらが制作した茶道具を使った茶席を無料で設けている。

竹の花入れ作り体験会や講演も

 二十七日午後二時から竹の花入れ作り体験会を開く。会費は一万三千二百円で先着十人。二十八日午後二時からは秀樹さんが「京指物と皇室と岩木家の関わり」と題して講演する。

最終更新:3/27(金) 9:39
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ