ここから本文です

移動金融店舗を導入 JA伊豆の国、4月から稼働

3/27(金) 10:00配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 JA伊豆の国は26日、4月から導入する移動金融店舗の開店式を伊豆の国市の同JA本店で開いた。

 2トントラックの荷台に金融業務用の窓口端末機を搭載し、普通貯金の入出金や通帳記帳、公共料金の支払いなどのサービスを提供する。車の外観には同JA特産のイチゴやワサビ、シイタケなどのキャラクターをデザインした。

 3月中旬に伊豆市修善寺地区で実施した店舗統合に伴って廃止店舗となった温泉場、熊坂、本立野の3支店跡地と大平公民館を巡回する。大規模災害発生時には店舗機能を失った支店管内に派遣する。式典では鈴木正三組合長らがテープカットを行い、運行開始を祝った。鈴木組合長は「お客さまが不便にならないようにしたい」と話した。

静岡新聞社

最終更新:3/27(金) 13:13
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ