ここから本文です

音楽界を揺るがしたインディアンに迫るドキュメンタリーが公開

3/27(金) 7:00配信

映画ナタリー

「ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち」が5月26日から東京・東京都写真美術館ホールほか全国で順次公開される。

本作はロック、フォーク、ブルース、ジャズ、メタル、ヒップホップなど、あらゆるポピュラー音楽に影響を及ぼしたとされるインディアンミュージックに焦点を当てたドキュメンタリー。1958年に「ランブル」をリリースしたネイティヴアメリカンの血を引くリンク・レイをはじめ、その影響力の大きさにも関わらず音楽の歴史から抹殺された人々に光が当てられる。

プロデューサーはアパッチ族出身でギタリストとして知られるスティーヴィー・サラス。映画にはアメリカ先住民の血を引く元ザ・バンドのロビー・ロバートソンやタブー(ブラック・アイド・ピーズ)、スティーヴン・タイラー(エアロスミス)のほか、バディ・ガイ、クインシー・ジョーンズ、トニー・ベネット、ジャクソン・ブラウン、ジョージ・クリントン、イギー・ポップ、マーキー・ラモーン(ラモーンズ)、スラッシュ(ガンズ・アンド・ローゼズ)、マーティン・スコセッシらが出演し、インディアンミュージックの魅力や影響を語った。

字幕監修を務めるブロードキャスターのピーター・バラカンは「インストルメンタルなのに放送禁止にされるほど50年代のアメリカで刺激が強かったリンク・レイの『ランブル』。長年の弾圧に負けなかったネイティヴ・アメリカンの文化を象徴しているように思います」とコメントしている。

なお「ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち」は5月10日に北海道・札幌市民交流プラザ、5月19日に愛知・TOKUZOで先行上映される。

最終更新:3/27(金) 7:00
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ