ここから本文です

アルモドバルが引退同然の映画監督描いた「ペイン・アンド・グローリー」予告解禁

3/27(金) 9:00配信

映画ナタリー

ペドロ・アルモドバルの監督作「ペイン・アンド・グローリー」の公開日が6月19日に決定。予告編がYouTubeで解禁された。

【動画】「ペイン・アンド・グローリー」予告編(メディアギャラリー他8件)

アントニオ・バンデラス演じる映画監督サルバドールを主人公にした本作。予告には引退同然の生活を送っていた彼のもとに、かつて封印した作品の上映依頼が届く様子が収録された。それをきっかけに、サルバドールは幼い頃の記憶をたどっていく。

バックに流れるのはイタリアのシンガー、ミーナが歌う「Come sinfonia」。同曲についてアルモドバルは「ミーナは私を感動させてくれる芸術家であり、家族のような存在。そしてこの曲は1960年代の上品さ、何もすることのない楽しい夏の感覚を表現している」と語った。またアルモドバル曰く、本作は自身が意図しない形で「欲望の法則」「バッド・エデュケーション」に連なる作品になったという。

「ペイン・アンド・グローリー」は東京・TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamura ル・シネマほか全国でロードショー。

※「ペイン・アンド・グローリー」はR15+指定作品


(c)El Deseo.

最終更新:3/27(金) 9:00
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ