ここから本文です

島根・雲南のコウノトリ産卵か 市内で4年連続

3/27(金) 10:06配信

毎日新聞

 島根県雲南市教育委員会は23日、同市大東町仁和寺の市立西小学校校庭の人工巣塔に巣を作った国の特別天然記念物・コウノトリのペアが産卵したとみられると発表した。同市内での産卵は4年連続。順調に育てば4月中旬ごろにふ化、7月上旬ごろに巣立つとみられる。  市教委によると、ペアは雄の「げんきくん」と雌の「ポンスニ」。観察時間中に親鳥が巣を長時間留守にしなくなったことなどから3月15~16日に産卵したとみられる。市教委は150メートル以上離れた場所から観察し、小学校敷地内に立ち入らないよう呼び掛けている。【柴崎達矢】

最終更新:3/27(金) 10:06
毎日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ