ここから本文です

Fyne Audio、壁・天井設置の埋込スピーカー「In-Ceiling」

3/27(金) 8:30配信

Impress Watch

アクシスは、Fyne Audioの家庭用埋込スピーカー“In-Ceiling”を発売開始する。2ウェイ同軸ドライバーの「FA300iCシリーズ」と、IsoFalreドライバーの「FA500iCシリーズ」の2シリーズ・5モデルをラインナップ。価格は6インチ口径のFA301iCが19,000円(1本)から。

【この記事に関する別の画像を見る】

スコットランドのスピーカーブランド・Fyne Audioの家庭向け埋込型スピーカー。独自のドライバー技術と、埋込用に最適化したスリムなユニット、クロスオーバーを搭載。キッチンやリビングの壁や天井に埋め込むことができ、ステレオから本格的なマルチチャンネルシステムを構築できる。

全機種で取付けを簡素化するセルフアライニングクランプ機構と、高品質なスプリング・バインディングポスト端子を採用しており、容易で確実なマウンティングを実現したという。

また設置する部屋に合わせてペイントすることもできる、音響透過性の高いマグネット着脱式薄型グリルを採用するのも特徴。FA300iCシリーズとFA502iC LCRは円形グリル、FA501iCとFA502iCは円形&正方形グリルを付属する。グリルカラーはオフホワイト。

■FA300iCシリーズ

F300シリーズにも搭載されているファインフルート・エッジのドライバーに、放射角調整を可能にした同軸ツイーターをマウントすることで、設置場所の自由度を高めた埋込型モデル。6インチ口径の「FA301iC」と、8インチ口径の「FA302iC」の2モデルを用意する。

・6インチ口径「FA301iC」19,000円(1本)
・8インチ口径「FA302iC」27,000円(1本)

放射状パターンを持たせたFyneFluteロールサラウンド(エッジ)のマルチファイバーペーパーコーンウーファーを搭載。高精度なピストンモーションにより、ナチュラルなサウンドのミッドレンジと、クリーンでタイトな低域レスポンスを実現するという。

25mm径ソフトドームトゥイーターは、F300シリーズと同等ユニットで角度調節が可能。最大15度の傾斜を可能とし、リスニングポジションへの最適な放射角を調整できる。

低損失積層コアインダクタと高品位ポリエステルコンデンサの高純度クロスオーバーを採用。クリーンなシグナルパスと超低クロスオーバー・ロスにより、高忠実度性能と高分解能を備えるという。

周波数特性は、FA301iCが44Hz~28kHzで、FA302iCが37Hz~28kHz。インピーダンスは、2機種とも8Ω。

■FA500iCシリーズ

コンプレッション・ツイーター搭載IsoFalreポイントソース・ドライバーを採用した埋込型モデルの上位機。6インチ口径の「FA501iC」、8インチ口径の「FA502iC」、LCR用途に最適な放射角で構成した「FA502iC LCR」の3モデルを用意する。

・6インチ口径「FA501iC」27,000円(1本)
・8インチ口径「FA502iC」36,000円(1本)
・8インチ口径「FA502iC LCR」40,000円(1本)

FyneFluteロールサラウンド(エッジ)のマルチファイバーペーパーコーンの中心部に、チタンドームのコンプレッション・ツイーターを装備しているのが特徴。

アイソフレアー・ポイントソース設計により、極めてワイドな音の放射が得られ、リスニングエリアを広くカバー。ファインフルート・コーンのほぼ完璧なピストンモーション特性と合わせ、極めてナチュラルでダイナミックな再生を実現するという。

周波数特性は、FA501iCが40Hz~34kHzで、FA502iC/FA502iC LCRが35Hz~34kHz。インピーダンスは、3機種とも8Ω。

AV Watch,阿部邦弘

最終更新:3/27(金) 8:30
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ