ここから本文です

SIMはそのまま使える? 4Gに戻したいときは?――「5G」の契約で気になることを聞いてみた

3/27(金) 17:50配信

ITmedia Mobile

 NTTドコモ、au(KDDIと沖縄セルラー電話)、そしてソフトバンクが5G(第5世代移動通信システム)の商用サービスを開始しました。

【ソフトバンクは機種ごとに対応するSIMカードが異なる】

 各キャリア共に、5G通信サービスは4G(LTE)通信サービスとは“別立て”で、4G通信サービスから移行する場合は「契約変更」と呼ばれる手続きが必要です。「契約変更にはいくら掛かるのか?」「今使っているSIMカードはどうなるのか?」「5Gサービスに不満がある場合に4G契約に戻せるのか?」……疑問は尽きないと思います。

 そこで、5Gサービスへの移行手続きにまつわる“気になること”を、各キャリアの広報担当に聞いてみました。(記事中の料金や手数料は全て税別です。やりとりは、一部体裁を整えた上で掲載しています)

契約や料金プランについて

―― 新規契約、機種変更や契約変更(3G/4Gサービスからの変更)にまつわる事務手数料はいくらでしょうか。

ドコモ MNP(番号ポータビリティー)を含む新規契約と契約変更は3000円、機種変更は2000円です。なお、ドコモオンラインショップで端末購入と同時に手続きをする場合は手数料を無料としていますが、お客さまの契約状況によってはオンラインショップにおいて手続きできない場合もあります。

KDDI MNPを含む新規契約と契約変更は3000円、機種変更は2000円です。

ソフトバンク いずれの場合も3000円です。

―― 5G契約を4G契約や3G契約に戻すことはできますか。戻す上で制約事項もあれば教えてください。

ドコモ 5G契約をXi(LTE)契約に戻すことは可能です。その際に事務手数料がかかります。ただし、Xi用のプランのうち、受け付けを終了したものには戻せません。また、5G端末ではXi契約とひも付いたSIMカードを使えないため、端末もXi対応のものに戻す必要があります。

KDDI 4G LTE契約には戻せます。その際に事務手数料がかかります。新規受け付けを終了をしているので、3Gには戻せません。5G端末では4G LTE契約のSIMカードは使えませんので気を付けてください。

ソフトバンク 3Gや4G LTE契約に戻す場合は、機種変更(契約変更)の手続きが必要です。その際に事務手数料がかかります。

1/3ページ

最終更新:3/28(土) 9:45
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事