ここから本文です

柔道最終決戦延期…丸山「100%で臨めるよう」一二三「いつでも戦える準備を」

3/27(金) 16:55配信

デイリースポーツ

 柔道男子66キロ級の東京五輪代表最終選考会となるはずだった全日本選抜体重別選手権(4月4、5日・福岡)の延期が27日、決まった。それを受けて、同級代表候補で19年世界王者の丸山城志郎(26)=ミキハウス=は所属を通じ「改めて決められた選考会で100%の自分で臨めるように取り組んでいく」とコメントを発表。同じく17、18年世界王者の阿部一二三(22)=日体大=も「より一層気を引き締め、いつでも戦える準備をしていきたい」とコメントした。

【写真】ともに優勝し、笑顔の阿部きょうだい

 同大会は唯一五輪代表がまだ決まっていない同階級の代表1枠を争う丸山と阿部の最終決戦として注目を集めていた。ただ、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、無観客で実施する方向だったが、このほど東京五輪の延期が決まった上に、出場選手の多くが拠点を置く東京都が外出自粛要請を出すなど情勢が変化していることから、開催1週間前になって急きょ延期が決まった。

 代替日程や会場は未定だが、全日本柔道連盟の中里壮也専務理事は少なくとも6月以降の開催となる見通しを示した。国内で収束するまでは一定の時間が掛かるとみられるため“中ぶらりん”状態のまま試合への準備を続けることになりそうだ。

 丸山は「延期になっても、改めて決められた選考会で100%の自分で臨めるように、これからも日々やるべき稽古・トレーニングに取り組んでいきます」とし、阿部は「延期になったが、もっと強くなるための準備をする時間が増えた。より一層気を引き締め、まずは代表権を勝ち取り、自分の目標である東京五輪優勝に向けて、いつでも戦える準備をしていきたい」とコメントした。

 一方、既に内定している13階級の五輪代表の処遇について、全柔連は4月中旬の常務理事会で方針を決める方向だ。今回66キロ級の選考会を“強行”した場合、その直後に代表再選考も含めた議論になる可能性もあっただけに、延期となったことで、とりあえずは代表選考の方向性が決まった上での最終決戦にはなりそうだ。

最終更新:3/27(金) 20:49
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ