ここから本文です

来年はどうなる?【国語・算数編】 2020年度中学入試の教科別出題の傾向から予想

3/27(金) 10:20配信

ベネッセ 教育情報サイト

2020年2月19日、東京都千代田区の市ヶ谷アルカディア私学会館で、森上教育研究所が主催する「2020年入試 首都圏中学入試の結果と分析」セミナーが行われました。
今回は、セミナーの内容から、今年の入学試験の傾向を教科別に分析した内容をレポートします。まずは、国語と算数です。来年度以降中学受験を考えているご家庭はぜひ参考にしてください。

物語文は親子や友人関係を超えた「第三者」との関係がテーマになる傾向

国語の入試問題の傾向は、平山入試研究所の小泉浩明先生から、首都圏の国立・私立中学校を中心に89校、180問題を分析した結果が発表されました。
問題傾向を全体的に見ると「物語文」「説明的文章」「韻文(韻文+解説を含む)」「随筆」「思考問題」などといった文種では、説明的文章が前年の46.6%から43.9%にやや減少、韻文が2.7%から3.3%にやや増加しました。また、「記述」「選択肢」「抜き出し」といった設問は、偏差値が61を超える超上位校では選択肢問題が5.8%増加しましたが、偏差値60~55の上位校では、選択肢問題が減少しました。

次に、テーマとしては「他者・大人」を扱ったものが目立ったと小泉先生は話します。
「物語文というのは、私=主人公と他の人との関係が描かれることが多いものですが、今までは、子どもにとって親しみがわきやすい親子や友人、ペットなどといったテーマを扱った物語が採用されることがほとんどでしたが、今年はそれを超えて家族でも教師でもない、第三者としての大人との関係を考える問題が非常に増えました。

また、病人や障害者といった社会的弱者を扱ったものも多く見られます。少子高齢化、格差社会などの社会現象を反映して、社会的弱者を扱ったテーマは今後も伸びそうです」(小泉先生)。

そして、ここ数年「深化」と「広がり」が見られる国語の出題傾向が今後どのようになっていくのかという予想では、「『深化』について言うと、『二つ選びなさい』や『すべて選びなさい』というような複数選択の問題は、昨年出題していた学校の半数が出題を取りやめている代わりに、新規に出題する学校も多く、全体としての出題数はさほど変わりませんでした。そのため、これからも急激に増加するということはなさそうです。

また100文字以上の長文の選択肢を出題する学校は昨年より増加しましたが、150~160文字のような超長文を出す傾向は収束していき、100文字前後が主流になる可能性が高いです。また、短い選択肢で細かい文字の入れ替えなどで誤りを誘発するような問題よりも、細かさはないものの、読解力を重視したある程度長い選択肢問題が増えそうです。

『広がり』という観点では、自分で考える・想像する・発想する問題の出題は増加しています。グラフや絵を用いて考えさせる、計算を必要とするなどの科目横断的な問題は、昨年と比べると出題している学校の入れ替わりはあったものの、全体数としては変化はありませんでした。科目横断的な問題は今後増えるにしても大問として大きく出題するより、小問として出題される可能性のほうが高いでしょう」(小泉先生)。

1/3ページ

最終更新:3/27(金) 10:20
ベネッセ 教育情報サイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ