ここから本文です

新選手会長・時松隆光「スーツとかゴルフウェア以外を着る機会が増えた」

3/27(金) 17:30配信

ゴルフネットワーク

 日本男子ツアーの選手会長を務める時松隆光に、新型コロナウイルスの影響や今シーズンに向けての抱負について、第23回がんばれ大牟田チャリティープロ・アマ(3月16日/有明カントリークラブ/福岡県大牟田市)終了後に話を聞いた。

【動画】どのスイングが好き?JGTOツアーメンバーのスイングイメージ

―いまの調子は

 去年よりも練習量は減ってはいますが、それなりに自分のやりたいゴルフに近づいています。良い方向に向かっているとは思います。

―新型コロナウイルスの影響

 国全体の問題ですし、女子ツアーも中止、マスターズも延期になっている中で、僕としては4月に(開幕戦を)やってもらいたいと思いますけど、無理やり開催するわけにはいきませんので(※26日に中止が決定)。

―この期間の過ごし方について

 特にいつもと変わらないですが、限られた時間のなかで内容の濃い練習をしようと思っていて、それはできていると思います。あとは秋口にバテることがあるので、しっかりランニングで体力づくりをしています。

―選手と選手会長、二足の草鞋について

 こんなに大変とは思ってなかったですね。僕が福岡に住んでるのが問題かもしれませんが、会議などが多いので東京に行く回数が増えました。スーツとか、ゴルフウェア以外を着る機会が増えています。

―今シーズンの目標

 残念ながら去年は優勝ができなかったので、今年は頑張って優勝したい気持ちがあります。あとはゴルファーのみなさんに喜んでもらえるように、男子プロ全員でゴルフ界を盛り上げたいです。ベテランに負けないよう若手も力をつけてきているので、観て頂きたいです。

 去年も豪雨の影響を受けて中止になることがあり、今年も新型コロナウイルスという問題はありますが、ゴルフファンの方に喜んでもらえることを徹底的にやっていきたいと思います。

最終更新:3/27(金) 17:30
ゴルフネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ