ここから本文です

新型コロナ陽性のチャールズ皇太子 診断後初となる元気な姿を見せ話題に カミラ夫人の姿も

3/27(金) 16:46配信

Hint-Pot

スコットランドで“自主隔離”中 英国民とともにムーブメントに参加しSNSで動画を公開

 新型コロナウイルスに感染したと発表されたチャールズ皇太子は現地時間26日、SNSの公式アカウントに拍手を送る映像を投稿し、元気な様子を見せた。外出禁止令が出ている英国内では、現地時間の同日午後8時、家の中にいる人々が窓際に姿を見せ外に向かって一斉に、医療スタッフへ感謝の意を込めた拍手や口笛を鳴らす姿が各地で見られた。スコットランドで“自主隔離”中の皇太子も、そのムーブメントに参加した形だ。71歳のチャールズ皇太子の症状は軽いと言われているが、発覚後、初となる元気な様子が話題となっている。

【写真】チャールズ皇太子とカミラ夫人 新型コロナウイルス陽性診断後、初となる元気な姿を公開 症状は軽く健康状態は良好な様子

 ◇ ◇ ◇

 英大衆紙「ザ・サン」は、チャールズ皇太子とカミラ夫人が、夫妻の公式インスタグラムのストーリーに動画を投稿したと報じた。ベージュ系のジャケットスタイルのチャールズ皇太子が立ち上がり、拍手をする元気な様子が公開された。また別途撮影された映像で、黒っぽいニットを着用したカミラ夫人が、開いた窓から顔を見せて拍手を送る姿もあった。

 英国では現在、外出禁止令が出ており約3週間は閉鎖状態にある。そんな中、新型コロナウイルスの感染拡大により最前線で奮闘する医療関係者に称賛や感謝の気持ちを伝えようとする動きが広がり、26日午後8時に人々が一斉に拍手を送った。

 チャールズ皇太子は25日に、検査の結果、新型コロナウイルスに感染していたことが明らかになった。軽い症状はあるものの、健康に大きな問題はなく、現在はスコットランドに滞在して外部と接触しないようにしているという。カミラ夫人もスコットランドにおり、検査の結果は陰性だったと伝えられている。「サン」紙の記事によると、医療の専門家の見解として、チャールズ皇太子の感染が疑われるのは3月13日だと報じている。

 また、ウイリアム王子やキャサリン妃も公式のインスタグラムにジョージ王子、シャーロット王女、ルイ王子の3人の子どもたちが一斉に拍手する様子を投稿。「愛らしい」とロイヤルファンから称賛されている他、エリザベス女王の三男エドワード王子一家も同様の主旨の動画を公開している。

Hint-Pot編集部

最終更新:3/27(金) 19:01
Hint-Pot

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ