ここから本文です

ここぞ!の勝負にはこの鞄。ルイ・ヴィトン、ボッテガ・ヴェネタ、サンローラン、プラダ

3/27(金) 8:50配信

LEON.JP

メゾンのブラックレザーが、今どきビジネスに使えます

周囲がカジュアルになればなるほど、ビシッとスーツを着こなしたビジネスマンの洗練さが目につきやすくなります。バッグも同じ。スポーティというキーワードが浸透する今どきのビジネススタイルだからこそ、重厚感のあるブラックレザーのブリーフケースが、クライアントへの信頼感を生んでくれるのです。

クラッチバッグが再びビズシーンで注目されているワケ? 【ルイ・ヴィトン、グッチなど4選】

ここで選びたいのがメゾン。ビジネスにおいては、過剰なハイブランドアピールは好まれませんが、ブラックレザーのブリーフケースなら、そのきちんと感によってメゾンのそれもビジネスに馴染んでくれます。

軽く機能的なナイロンブリーフに慣れた今、確かにレザーブリーフは重たく感じることでしょう。しかし、世の中がカジュアル化に傾倒するほどに、良い物は良いと見直されるもの。楽ちんばかりじゃ、つまらないですからね。

◆ルイ・ヴィトン/質の高さはもちろん、使い勝手もいいんです

遠目にはビジネス然としたシンプルなブラックレザーですが、よく見ればエンボス加工が表情あるタイガ・レザーを採用しています。その名もアレックス・ブリーフケース。メインコンパートメントとともに、フロントには大型のマグネットフラップ付きポケットが実用性を高めます。

◆ボッテガ・ヴェネタ/ロゴなしでもわかるイントレチャートはビジネスでも有用

ひと目でこことわかるイントレチャートは、ビジネスでも有効。上質なカーフを編み込んだデザインは、あくまでビジネスに馴染みつつも程よくラグジュアリー感を主張します。ジップに至るまでマットなブラックで統一した点も、ビジネスバッグらしい抑制の要因に。

◆サンローラン/さりげないデザインが上質感をアピール

一見ブリーフケースらしいシンプル&ベーシックに徹していますが、トップ部分をスクエアではなくカーブを描かせたことで、さりげなくエレガントな印象に。細身のハンドル&ショルダーストラップも、実に洗練されています。フロントにはマグネット付きポケットが。

◆プラダ/リアルに活躍してくれる機能的な収納デザイン

日々使うものだから、傷が目立ちにくいサフィアーノレザーはお役立ち。ショルダーストラップも耐久性の高いファブリック製になっており、さらに両サイドに大型のジップポケットを配し、その中央をメインコンパートメントにするなど、実に機能的な作りに。このメタリックカラーは日本限定色です。

※掲載商品は原則税抜です

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/高塩崇宏 文/安岡将文

最終更新:3/27(金) 8:50
LEON.JP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ