ここから本文です

ナダルらが13億円の支援プロジェクト始動、スペイン人アスリートが続々賛同<男子テニス>

3/27(金) 11:18配信

tennis365.net

支援活動を呼び掛け

男子テニスで世界ランク2位のR・ナダル(スペイン)は26日に自身のツイッターに動画メッセージを投稿し、新型コロナウイルスに対する支援活動を呼び掛けた。

【ナダル 史上6人目の快挙達成】

ナダルは動画で「スペインの人たちは僕ら選手を失望させたことはない。彼らの為に僕らが存在するんだ。今、彼らを失望させることはできないだろう」と語った。

ナダルはNBAのバスケットボール選手であるパウ・ガソルとともに1,100万ユーロ(約13億2,000万円)をスペイン人のスポーツ選手から集めて寄付するプロジェクトを始動した。

この計画には既に元世界ランク3位のD・フェレール(スペイン)、元同10位のC・コスタ(スペイン)、サッカー元スペイン代表のイケル・カシージャス、女子ヨット選手で2度のオリンピック金メダルを獲得したテレサ・ザベル、F1レーサーのフェルナンド・アロンソらがSNSで賛同を示している。

また、同企画をナダルとともに立ち上げたガソルは「スペインの選手たちは常に僕らの国を誇りに思うよう努力してきた。今日はその思いをさらに超えていきたいと思う。1,100万ユーロを調達し、コロナウイルスで打撃を受けた方々を支援したい」と語っている。

新型コロナウイルスが猛威を振るうスペインでは、26日時点で感染者が5万6,000人を超え、死者数も4,000人以上となっている。また、首都マドリッドではホテルなどを臨時治療施設に改装するなど、対応に追われている。

最終更新:3/27(金) 11:18
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ