ここから本文です

ただ今、一部コメントが表示されない不具合が発生しています。ご迷惑をおかけし申し訳ございません。

観光客減少で… 笹かまぼこ工場生産ライン停止

3/27(金) 18:55配信

KHB東日本放送

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた観光客の減少で、土産の売り上げに影響が出ています。笹かまぼこの工場では生産ラインの稼働回数を減らしました。
仙台市若林区にある老舗のかまぼこメーカー「鐘崎」の工場では、1日あたり約3万枚の笹かまぼこを生産していました。
しかし新型コロナウイルスの感染拡大による観光客の減少に伴い、土産の需要が減ったことで、3月中旬から生産ラインを週3日停止し、生産量も3割から4割減っています。
鐘崎の本城慶工場長は「最も稼働している時で4ラインくらい流れているが、今は1台も動いていない」と話しています。
売り上げは駅や空港内の店舗で特に落ち込んでいて、鐘崎は今後も外出自粛の呼び掛けが各地で続けば、売り上げにもさらに大きな影響が出ると見ています。
本城工場長は「この状況が続くと週3回停止しているラインを、さらに停止の回数を増やしたり、生産するアイテム数を減らしていくといった対応しなければならない」と危機感を抱いていました。

最終更新:3/27(金) 18:55
KHB東日本放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ